鳥栖市のジム・トップアスリートが選ぶNO1ジム / ニコ道場

九州にもオリンピックを狙える選手の数々がいる

プロも含め、アスリートはケガとの勝負でもある

ニコ道場でも何人かそのような選手の指導をしているが、今回は、怪我から回復しつつある女性アスリートを紹介したい。

佐賀県にあるレスリング部としては名門の鳥栖工業高校・岡本佳子選手(現在高校3年生)がその一人だ。

今回、彼女と行ってきた特別なトレーニングセッションを紹介したい。彼女の強みと弱みを分析し、彼女オリジナルのプログラムを作成し、実行してきた。

ちょうど1年前、彼女は両肩の手術を受け、6ヶ月間殆ど何も出来無い状態だったが、8月にはインターハイに出場し、準優勝。彼女の精神力はすごいと思う。

また本人はもともと負けず嫌いであり、この結果に満足していなかった。

この1年間、彼女を指導している高校の監督と、サポートをしている理学療法士の方とも相談しながら、彼女にとってレスリング能力を強化するためのトレーニング&肩のリハビリプログラム作成した。
今回紹介するビデオのトレーニングの様子は1回のセッションの中で行った数々の種目を紹介している。

(ただし、このビデオの中には、ウォームアップの部分は入っていない。また1年かけて指導をした結果があってこそのこのビデオなので、トレーニングの種目、重力、フォーム、回数などに意味があり、その点は留意してほしい。)

ケガをしない体づくりも必要であるがと、ケガをしてもできるトレーニングはある

次回の大会は、今月の天皇杯。

これを制覇すれば、オリンピックの切符が見えてくる。

頑張って欲しいね!

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,